« 130415 | トップページ | 流れ »

2013/06/12

GH3

と言うことでGH3を導入してみておりました。

困ったのが購入前に実機を触れる所がなかったこと。
地元は当然として北東北圏内で置いているお店が全くない。
愛しのヨドバシAkibaへ行きたいのは山々だけどタイミングと予算がね。
ターゲット的に田舎で店頭展示しても売れる訳無いのは分かるのですが。
しかたがないので通販で直接導入してみました。

半月ほど触ってみていますが、
未だに機能の半分ほどしか使いこなせていません。
デジタル物にもカメラやビデオ系にもかなり慣れているつもりですが、
設定できる事も項目も使い方も多すぎるのです。
これ以上高機能なカメラって民生では存在しないでしょう。
目的次第で全く別の使い方に対応可能な道具として素晴らしいカメラです。

操作面も各種機能もまだ使いこなしきれていない状況はさておき、
かなり良かったのがダイナミックレンジです。
これは予想以上でK-5と同等かそれ以上と感じる場合もあります。
実際露出過多で白飛びと認識してしまうような撮影失敗した写真でも、
場合によっては復活可能なほど広い明暗レンジや階調性が残っています。

13061201
LUMIX GH3 LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4 撮影時そのままRAWを書出し

13061202
LUMIX GH3 LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4 露光量のみ下げ書出し

そして当然ですが何より軽いのがマイクロフォーサーズの良い所。
GH3のボディサイズはGH1に比べても2周りほど大きく
K-5ともかなり近い大きさで、しかも金属ボディです。
しかしK-5と比べると前後が薄く重さが全く違い、
レンズも含めると半分くらいの重量に感じることが多いです。
レンズも純正を何本か追加しましたが、
SUMMILUX 25/F1.4等の明るいレンズも、
7-14mmや望遠ズームもとても軽く小さいです。

そして悪い所もいくつか。
まず防塵防滴はプロダクトデザイン的に見て、嘘でしょう。
この程度の対処で防塵防滴は語ってはいけないレベルです。
webで調べるとPanasonicのLUMIX関連の修理対応が酷いらしいですが、
これはメーカー側が全面的に悪いと思います。

例えばK-5ならSDカードスロットには水が入らないように
隙間を塞ぐゴム製パッキンが押し付けられた状態で蓋をスライドする構造です。
しかしGH3の場合はサイドに仕切り構造は有りますがスライドするだけです。
これでは隙間から簡単にSDカードの接点に水や埃が混入してしまいます。
バッテリー蓋にはロックもゴムパッキンも有るので不思議です。
YouTubeにはK-5に砂をかけシャワーで洗う等の映像が有るのですが、
GH3はこれらに確実に耐えられないでしょう。

それと重要な問題は、やっぱりミラーレスであること。
GH3やOM-D等を実際持った事も無く、
はなからミラーレスを軽視し酷評する人達も居るようですが、
それとはまた別の実質的なお話としてです。
実際吐き出す画はK-5と同等(画作りは好み有りますが)で、
カメラとしてはGH3クラスからであれば十分すぎると思うのですが、
やはり写真を「撮った感じがしない」のです。
そういった意味ではGH1と同じでオモチャ感覚がどうしても残ります。
NEXのように気持ち良い「撮った!」感のあるシャッター音でも無いですし、
ファインダーは当然液晶表示ですし、何かが確実に足りてません。
一番はやっぱりシャッタータイムラグだと思います。
シャッタータイムラグ自体はGH2より早くなっていますがGH1と同じ感覚です。
しかもボディは大きくシッカリしている分そのギャップを感じます。
GH1とも感覚的に別物なので、もっと慣れが必要なことは確かです。

でも、しかしです。
何よりもこの機種の根本的な魅力と使い道は動画です。
そして自分は写真ではなく映像側の人間です。
って事にさせておいて下さいココでは。
値段が跳ね上れば4K機やBlackmagic等のカメラは有りますが、
それだけでも、一人でも完結できる扱いやすい機材としては、
今の所これ以上の機材は有りません。
画質だけを考えれば以前危惧していたモアレがGH2の方が出にくいのですが、
操作性や機能性、なにより持ちやすさや安心感はhack GH2では得られません。
そしてこの階調表現はGH2の時代のセンサーや処理系では不可能でしょう。

恐らく今年中に2.5Kや4K機も業務ラインで出すだろう予想しますし、
内部手振れ補正やマイクアダプタ等もGH5では採用されるでしょう。
動画機としてマイクロフォーサーズは素晴らしいと思います。
バランス良く写真も動画も妥協せずに良い結果が得られます。
しかも業務機と考えればとても安い。
当然機動性や安全性はビデオにかないませんが、
素材撮りでは並のビデオカメラに負ける事は有りません。

実は今年1月位から体調を崩し続けてしまっておりましたが、
6月に入り暖かさのおかげか調子を取り戻しつつあります。
音の方の個人の製作も止まってしまったままで
多方面で色々問題抱えたままですが
音も画も挽回して進めたいと思います。

GH3は現時点でフィットするまで至っていないので、
ガシガシ使って慣れなければと思います。

カメラ自体は本当に良く出来た道具でした。

使いこなせていないのでオイシイ写りでも構図でもなくアレですが、
一応写真も載せときます。
全て撮影設定のまま書き出しです。

13061203
LUMIX GH3  G VARIO PZ 45-175/F4.0-5.6

13061204
LUMIX GH3 G VARIO PZ 45-175/F4.0-5.6

13061205
LUMIX GH3 G VARIO 7-14/F4.0

13061206
LUMIX GH3 G VARIO 7-14/F4.0

13061207
LUMIX GH3 LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4


子育て時期だからだと思うのですが
八戸の蕪島(かぶしま)は想像以上にウミネコの巣でした。
子育て中にお邪魔してごめんなさい。
天気良ければ画的にもう少し良い絵がとれたはず。
幸運にも恐怖のウンコ攻撃の被害は受けませんでした。

|

« 130415 | トップページ | 流れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 130415 | トップページ | 流れ »