« 130817 | トップページ | 難 »

2013/08/22

田舎者

田舎特有の悪いくせに対しての
しみったれ愚痴を書きます。

読みたくない人は読まないで欲しいです。
もし関係者が見ていたならば、
僕を恨むなり村八分にすればいいですが、
その原因が何なのか、
他の多くの祭りの参加を拒んでいる若い人達が
なぜ毎年毎年多数存在するのか
ほんの少しでも考えた方がいい。
それを抜きに担い手を増やそうとするのは
解決ではなく考えないようにしているのと同じ。
原発問題と同じようなもの。
先々に問題解決を遅らせ膨らませているだけ。
考えないこと、
自分を正当化することはとても簡単。

はじめに要約してしまうと、
この町は
「もったいない」
「下手」
「やり方を分かっている人達が少ない」
のだと思っています。
こんな良い町他にはない。
でも扱い方を間違えているのでは?ということです。
出来る事をして盛り上げたくとも、
それすらやり難い。
本当に本当にとてもやり難い。


町には素晴らしい尊敬出来る人たちも沢山いますが、
それ以外の一部の方達には期待していません。
正確には期待していた自分はもういなくなりました。

自分も田舎者です。
当然田舎で生まれたから田舎者です。
そしてお祭りは好きです。
大人になってからのお祭りは子供の時とは違っていても、
それでもお祭りの基礎的な部分については面白いものだと思う。
準備も運行も大変だ。
殆ど役に立ってていないであろう自分程度でも大変だ。
もっと責任者になれば更に大変だろう。
そんなシラフな自分でも面白いと思える。
それがこの町で受け継がれてきたお祭りの中身だ。

個々の人間は否定しないし
むしろ色々な人が居て面白い。
同い年や大きく責任ある立場の人達には
お世話になりっぱなしで頭が上がらない。

でも、
田舎者が大嫌いだ。
本当に、大嫌いだ。
本当に本当に田舎者が大嫌いだ。

個々の人に対してなにか思っているわけではないです。
その時時で出てくる対応の蓄積。
それもわざと共有されているのかもしれないとさえ思っていますが。

とにかく居づらい、
思った通り動けない、
動いた所で文句を言われる、
説明しても説明しなくとも勘違いされているだろうと取れる対応、
その全ての空気感が「こんな中では生きていけない」と、
本気で感じるほど嫌なもの。
これは皆言葉に出来ない言葉にするタイミングが無いだけで、
参加しなくなった人達の
共通の思いだろうと思います。

酔っぱらいは酔っ払いだと思う。
いつもシラフか、 一口のお酒を飲んで速攻二日酔い状態の自分が
友達やその時々の酔っ払う周りを見ていても
そんなのは当然と認識出来ている。

しかし、田舎の一部の酔っぱらい、
一部の中途な人間は違う。
シラフの自分が、
その行事に関しては素人で新入りであって
流れや内容も覚えていないで当然の立場の自分ですが、
それでも僕は酔ってはいない。
分からない事での多くの間違いや迷いは起きても、
飲酒した人達よりも確かな情報を見聞きしています。
飲酒運転が危険なように誰が聞いても当然の事実だと思う。

そんな自分が酔っぱらいの穴を埋めようと、
安全のために、
運行のための穴埋めの為にとった行動が
とても気に入らないらしい。
そんな人間達が数人いる。
自分はこういった事は人一倍敏感な上にシラフなので
気かついてしまう。

僕が居たから防げた事故や運行も随所であった。
怒鳴り散らすだけの命令は出来ないし得意じゃないけれど、
安全や全体のために判断して指示を出すことは当然出来る。
自分は現時点で流れを把握していないからこそ
酔っぱらいの貴方達よりも使えない人材であることは
重々承知している。
しかしその上で、
使えないなりに微力でも役に立っていたことも確信している。
そして幾つもの失敗が、
望まざるもお酒を飲んでしまっていた貴方達の
間違った判断や対応の遅れが原因で起きていたことは事実だ。

それを、
自分が気に食わない、
自分の配役が妨害されたと思い込んでいて、

邪魔だ、
変な所にいるな、
アイツは使えない、 多くの言葉が聞こえてきた。

自分たちが酔っていた事で産まれるかもしれなかった
大きなミスや危険や問題や、
実際彼らが自分達の役割を放棄してしまった事で引き起こされた ミスや危険な状態もたくさんあった。
僕は可能な限り分からないなりに何度もカバーした。

誰が見ても当然のミスばかりしていたのが貴方達だった。
これに対して認識不足の感情だけで文句を言われようが、
どんなに嘘を周りに言いふらして
僕の立場を危うくし自分たちの意見を正当化しようとしても、
それが事実だ。
屋台を後で押していた子どもたちに聞いて欲しい。
そして当然そういったカバーをすることが、
わからないなりにシラフで動ける自分の役割だと
最初から認識して行動していたのが自分だ。

それを、
酔が冷めた場にまでその事を持ち込んで
使えない人間呼ばわりで
話せる仲間内を使って噂作り。
酔っぱらいが影で話していても筒抜けなわけです。

コミュニケーション作りが元々苦手でもあり、
しかもその場にパイプが少ない人間の神経の巡らせ具合は、
貴方達単純で浅い思考の上で嫌がらせを平気でする
ど田舎者の感性では一生わからないでしょう。


だから過疎化も急速に進行しているのだと思う。
この地元以外の場所でも、
過疎化の原因は
「自分たちだけのことしか考えない地域作り」
と、
その根本となる一部の人間達の個々による
自分だけが住み良い、
その他大勢が住みにくすぎる巣作りが原因だと思う。
地域を盛り上げる番組のほんの少しにでも暫く携われていたからこそ
その原因が住んでいる人達の質や思考の問題だということ、
過疎化や復興に大きく関わっていることには確信を持っている。

小さい町でも
先人たちから受け継いだ郷土の魅力を大切にしている土地は
過疎化は進まない。
むしろそういった小さい町のほうが良い方向に進む。
でも今現在のこの土地の人間は、
環境資産に頼りすぎている。
そういった土地は自分達の方針を持っていない事が多いと感じる。
自分達で作っていないからこそ、
それが永続的なものと認識して努力をしない事が原因だろう。

この町も、
最後の数人になるまで気が付けないだろう。


一年に2日しか無い祭りは
土地の魅力のほんの一部分でしか無い。
多くの他の場所で土地の魅力を作り出しているのは
表面的な部分以前に、
そこに住む人達の中味の部分が作用しているといつも感じる。
古き良き風景を守り続けられている町、
シャッター街だけになった町、
風情ある温泉街、
良い泉質で交通が良くても寂れた温泉地、
新しい流行や文化や技術が根付き世の中を引っ張る町、
短所を長所に変えて活気づく町、
そしてこの町はその全く逆の、
たくさんある長所を外的に活かせず人が流出し続けている町。

自分たちが小さい頃から威張れてきた土地、
そんな自分の自由がまかり通る土地での暮らしがしたくて、
帰ってきた者達で溢れかえっている。

一部の良い群れを作れない能なしなボス猿達は
この狭い土地にこんなに多くは要らない。
魅力のない過疎化した町を作っているのは
紛れも無い貴方達なのだと認識出来なければ、
町は確実に無くなってしまうだろう。
祭りの伝承も更に難しくなるだろう。
自分たちの老後を住みにくいと感じたならば、
それは自分達のやってきた悪行のツケだろう。

認識が足りなすぎる。
何のための環境、
何のためのお祭りなのか。

一部の自己中心的な人達の、
広がりなく自分たちが楽しんでいるだけの行動で、
町が悪いものとなる。
自分たちという狭い範囲のウケしか考えない方針。
簡単に言えば自分以外を寄せ付けない巣作り。
田舎を出た事もない
ずっと同じぬるま湯で繋げてきた人付き合いの中の人間は、
この年でこの地に戻り
知り合いも覚えている顔も殆ど無いうえに
今の多くを何も知らない人間が右往左往している所が楽しいらしい。

そんな行事の中に人が集まるか?
貴方達が好きな人達だけ集まれば他大勢はいらないのか?
そんな所を観光地とよべるのか?
なぜ多くの若者が今は祭りに帰らなくなっているのか?
なぜ大人になり参加を嫌がる人ばかり増えるのか?

また、もっと細かく言ってしまえば、
そんな奴らに限って本来のこの町内の人間ですら無かったりする。
貴方達は本来祭りに参加出来ない立場であって、
それが参加できているのは
広げようと努力してきたこの町の先人たちのおかげだ。

そんな馬鹿でも分かる事が貴方達には理解できていない。
正真正銘の田舎者。

酔っぱらいやシラフは関係なく、
彼らは一生気がつくこと無いんだろう。

そんなど田舎者が大嫌いだ。
正真正銘の根っからのど田舎者が苦手だ。
田舎も、田舎の人も大好きだ。
でも視野の狭い、
考えを巡らせられない、
自分達の立場を守る為だけに平気で嘘を周りに振りまき、
自分達のミスを認めず理解せず、
事実のない悪い噂を創りだす人間がこの世界で一番嫌いだ。


「秋田臭い」


そんなど田舎者の事を僕はこの秋田臭いと何時も言う。
都会でも居るがここまで酷い事は稀。
しかも腹黒く人間が浅く弱い酔っぱらいの場合
改善方法な皆無。

今後祭りには参加したくない。
というか限界だろう。
大変な中にも楽しい部分や、
良く中味を知ってもらっている人達の
多くのサポートの部分は有りがた過ぎる。
でもそれ以上に、
一部の酷い人間性を持つ者の行動が自分には耐え切れない。
下手なブラック企業以上に根が深く生活にまで深く関わる。
こんな傾向が強すぎる集落では、
先日の惨殺事件が起きても当然だろうと思う。
恐らく僕以外のかなり多くの人間も
一部の人達のせいでそう思っているだろう。
ブラック地域行事。

僕は貴方達を他人に悪く言ったことはない。
でっち上げたこともない。
でも、
その行動と頭の腐り具合自体は存在すら認めたくもない。
最低な人間だと思う。
同じ地元で多少近い時期に育ってきた人間とは思いたくもない。
どうぞ、勝手に自分たちだけが楽しいお祭にすれば良い。

そんな一部の人たちのせいで、
外への発信は一瞬で水の泡になりえる。

今回のボクに不愉快感だけを感じさせた発言や行動が、
多少頭を使った上で劣等感からの行動なら、
失敗が起きても自分の失敗に責任を持ったほうが
よっぽど信頼出来る行動だろうと思う。
自分達のためにもなるだろうと思う。

ほんとうの意味での弱者的行動が
秋田臭い田舎者な振る舞いの根源なのかもしれない。
こういったことが山のようにあるから、
都会の方が良い土地に感じる人ばかり増える。
都会は決して良い場所とも言えない。
でも、他を尊重できる人達だけが集まるからこそ人が増える。

僕だってそんな貴方達を排除したいと思うだろう。
しかし、問題の根源は貴方達の無知と無理解。
どんな問題でも、
排除しようとすることに何ら解決はない。
単純な人複雑な人明るい人気難しい人、
色々な人がいるからこその人間社会。
排除でしか自分を正当化させられない思考。
それが秋田臭い人間性。
自分を守るためだけに捏造した悪いうわさで固めた仲間を、
貴方達はまた直ぐに他の人を裏切り始めるだろう。

そんな環境が時々現れる。
ボクはその度にその輪から自ら離れる。
そんなのがこの町にも幾つも存在する。

排除するより利用する方法を考えることの方が
数倍難しくも数千倍有用だと自分は思う。

そしてこういう人達に限って、
結果に直ぐに服従する。
どれだけ単純でどれだけ何も考えていないのか。

どんな偉い立場の人よりも、
こういった何も考えない人達の心理が一番怖い。



兎にも角にもここまで書けるほど、
相当な憤りが噴出中。
ボクがなにか悪いことをしましたか?
地域に参加したくても参加しにくい空気。
完全に別の土地の人間であったほうが幸せなほど。
そこに時間がかけられるほど自分の人生には余裕がない。
会社に入ったり、
モノ作りを生活の糧にした事がなければ分からないとは思う。
原発村が正しくそうだと感じるけれど、
自分達を守るためだけに狭い視野で必死な人達。
恐らく中から変わる変えることは不可能だろう。
外から軽い力でも加えたほうがよっぽど効果的だ。
外側からの行動。それでしかこの町は救えない。
自分は外から動かそうと思っている。


町に魅力がないのは、
その街に暮らす人達に魅力が無いということ。
従う従わせるだけでなく、
その意味を考え改善して行こうとする意思、
意識や行動を変えるために皆が目にし目指すことの出来る
外側にある大きなタネがこの町には必要。

|

« 130817 | トップページ | 難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 130817 | トップページ | 難 »