« blueskyモニタースピーカーについて | トップページ

2015/08/03

悪いタイミングが産んだストレス

いろいろな理由があって故郷に戻ってきていましたが、
それは失敗で判断が甘かったと今は断言できる。
その根本理由は帰ってきた歳とタイミングと思っている。

この町には祭りがあって参加できるのは自分の年齢が限界直前。
これも戻ってきて体感で知った事のだけれど、
この町はそれらの感覚が基準であり全ての価値観みたいだ。
しかも体育系のノリで酒を飲めない者には参加自体が難しい。
自分の場合その時点で参加は苦痛以外の何物でもない。
その辺はお酒が飲めて自分たちが楽しい人達に理解できないだろう。
ただ祭りという物事態はそれで良い物だとは思う。
ただ今の自分には難易度が高過ぎる。

地元に戻ってからの2年は参加したけれどそれが失敗だった。
最大の問題は仕事。
誰にも話してないからそこで勘違いされているのだろう。
この業界を知らない人から見れば単なる引きこも状態。
この町で目的となるような魅力的な場所が無いことも理由だけれど。

初めの2年参加した事で取引先の評価や信頼を失ってしまっていた。
自分の場合は一人で立ち上げたばかりで町とも無関係。
今考えると参加は「甘え」だったのだと理解し後悔している。

ただ結局それも自分の選択。
祭りや地元に責任転嫁など出来る筈がない。
だからこそ参加しない、出来ないのだ。

その辺を個人の感情と勘違いしている人が多いのか何なのか、
祭りに参加しなかっただけで道での挨拶さえ無視される始末。
考え事をしていれば自分も気が付かない事はあるけどその類ではなく。
理由はわからないけどいい気分ではない。
基本的に一匹でやって来たしここには仲間が誰も居ない状況なので、
時の流れに任せることしか出来ないし、それでいい。

基本的にこの町が嫌いなわけでも誰かを嫌いなわけでも何でもない。
もちろん一つ一つの事については意見も意思も衝突もある。
そしてこの町に生活があり余裕があるなら参加出来ただろう。
しかし個人経営の走り出しにそれは出来ない。
家の仕事を継いだり雇われたことしかないと理解できないとも思う。
結局のところ帰郷によって多くの人間関係も失ったようだ。

自分も原因だろうけど、
全ての悪い出来事について自分に責任があるとは思わない。
このタイミングで帰ってきてしまったことで、
周りに期待と責任転換が発生しストレスに変えたのだと思う。
ただその意識や行動は異常だと町以外の人間なら分かると思う。


数年前東京でやっていた仕事は、
BSの地域活性化番組の制作プロデュースしている小さな会社での
CG制作やディレクターのサポートだった。
早い時期に全国各地の町おこしを扱った番組だった。
会社の人達は本当に良い社長夫婦と上司達だった。
仕事内容でも多くのことを経験させてもらったが、
それ以上に大きかった収穫は
全国各地の地域おこしの話が聞けた事だった。
一回ごとに番組デイレクターは入れ替わる中で、
多くの地域のみやげ話を直接や作業中に聞けたりした。
皆変な言い方だけど完ぺきな人など一人もいなく、
その人達の個性で町に触れてくるからこそ視点も反応も違う。
体調や体力さえもっとあれば
自分もDをさせて欲しかったと思う程面白い番組だったと思う。

それらで得た多く事と今実感している事も踏まえると、
この土地には未だそういった町を支える様な売り物がない。

年に一度しか無い祭りでは町の経済を支えられない。
ゆるキャラのモチーフはもっと活かせれば少しはマシ等と思ったり。
活かせる情報やものづくりで得た経験や思考で、
多少なり手伝えたらと考え戻ってきたのが理由の一つだった。
自分に特別な能力があるとは考えていない。
しかし正解に導く術や視点は恐らく豊富にある。
今あるものや観光ではこの町の維持は不可能。
ギリギリにならないと気が付けない部分なのかもしれない。

ただそれは50年等ではなく10年ほどで悪化すると予想している。
切羽詰まっている状況を殆どの人は想像出来ていない。
既に町の中だけで仕事が回らなくなってきている業種も有るだろう。
全く新しい物を見出さなければこの町を支える産業は生まれない。
色々と頑張っている人達は大勢いるようなのだけれども。
最大の問題点である産業の定着を見据えた企画は目にしない。

ただ、現在自分にはそういった部分の気持ちは消え失せた。
信頼の再形成や勘違いの修正も行動すれば可能だと思う。
しかし、実質的にそれを行っていくための土壌がここにはない。
それに期待だけ押し付けられるほど自分に特別力があるわけでもない。
そして人間関係がないならそれは不可能で誰も信じない事も知っている。
よくわからない東京の町プランナー等の意見のほうが影響力があるだろう。

とにかく有効な経験や自分の能力を少しでも活用できなかった事は残念。
そして勘違いと噂と田舎的政治によって生まれている嫌な思いが多い。
もし何かあっても嫌な思いをしてまで手助けなど出来るはずがない。
きっとこんな経験をして戻ってこない、出て行った人達が多いとも思う。
それが過疎化のもう一つの原因だと思う。
環境よりもこの町の社会にも原因があるということ。
好きな人達だけが上手く行く町など過疎を加速して廃れる。
過疎化の原因は数字や距離だけではなく人間性や文化の成熟度。
大人なら一人ひとりが考え行動して個々を認識し確認すればいい。
そして個々で好き嫌いはあって良いけど個々を尊重するのが大人だと思う。
集団でしか好き嫌いの基準を決められないならそれは大人ではない。
そして手のひらを返したような個への嫌がらせは中学生程度のイジメ。
きっと自分がこの土地の生まれでなければ多くを手伝えかもしれない。

これも自分の感覚での感想でそれほど考えているわけでもない。
改善への道は一つではないし状況は常に変化する。
何かを守り続ける方法も一つだけではない。
ただ無駄な感情は時間を消費するだけなので無視する。
こちらはこれまで通り続けるだけ。
そしてまだまだ切磋琢磨し変化し続けなければいけない。

|

« blueskyモニタースピーカーについて | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« blueskyモニタースピーカーについて | トップページ